覆面調査員・ミステリーショッパーの説明と募集
覆面調査(ミステリーショッピングリサーチ)でちょっぴりお小遣い!
誰にでも出来る一粒で二度おいしい簡単副収入
 覆面調査をする男性

覆面調査員のバイトは飲食店などのモニター

仕事内容は難しくありません。誰にでもできます。

・普通のお客さんとしてお店へ行って、普通にお店を利用します。
・あらかじめ決められたチェック項目をチェックします。チェック項目はあらかじめ決まっています。店員の挨拶のチェックとか、トイレのきれいさチェックとか。
・その後、決められたレポートを提出します。後日、報酬が頂けます。



「普通のお客さん」としてお店を利用する

「覆面調査に行く」と聞くと、なんだか専門的な知識を持っていて、お店ではレポートを手に持ってチェックして、場合によっては店長と話をして、なんてイメージがあるかもしれません。

そういう事は全然ないんです。

あくまで、「普通のお客さん」としてお店へ行って利用するだけです。お店に、「あ、この人は調査員だ」とか知られることもなければ、店長さんや店員さんと話して調査するなんて事は100%ありません。逆に言えば、お店には調査員って事がばれたらダメなんですね。

だって、覆面調査って分かってしまえばお店は点数稼ぎで態度やサービスを良くしたりしますよね。それだとお店の普段の姿が分からないので、普通のお客さんが感じていることとか受けているサービスが調査できないのです。

まあそういうわけで「普通のお客さん」としてお店へ行くわけなので、基本的に調査は難しいことはなく、誰でもできるようなものばかりなのです。

どんな人でも100%できます、って言ってしまうと嘘になるかもしれないけれど、普通のお客さんとして普段お店で買い物している人ならほとんどの場合問題なく覆面調査ができます。

具体的な仕事内容

具体的にどういう事をするのか説明します。きっとこれを読めば、ああなんだそんなんだったら私も出来るよ、って感じると思います。

例えば、どこかのレストランへ覆面調査へ行くとします。そこでする事・チェックすることは例えば次のような項目です。店員はきちんと「いらっしゃいませ」とか「ありがとうございました」の挨拶ができていたか。注文を聞くときに笑顔でこちらを見ていて、最後に注文の確認をしたか。お店のテーブルや床はきれいだったか、トイレは汚れていなかったか。そういうような項目をチェックします。

もう少しチェック項目を並べてみるともっと分かりやすいと思います。

・気配りはどうだったか
・挨拶はできていか
・陳列されていた商品の種類は多かったか
・お店の清潔度はどうだったか
・料理のおいしさはどうだったか
・料理の温度は大丈夫だったか
・もう一度行きたいと感じたか
・オススメ商品の紹介があったか
・商品について質問したときにちゃんと答えられたか
・レシートはくれたか
・テーブル・座席・床は汚れていなかったか
・食器類は汚れていたり欠けていたりしていなかったか
・POPが汚れたり、はがれたりしていなかったか
・店員の清潔度は十分だったか
・おつりは丁寧に渡してくれたか
・店内に活気はあったか
・店員は無駄話をしていなかったか

これが全部ではありませんし、もっと調査項目はたくさんある場合もあります。調査会社によっても調査する項目は全然違ったりしますが、おおまかな感じとしては、こういう誰にでも分かりやすい内容です。

チェック項目はあらかじめ決められていて調査会社から指示されます。え?沢山あったら覚えられないじゃない。って言われそうですが、そういうことはほとんどありません。

なぜかというと、チェック項目は覚えるまでもなく、調査を終えて帰ってきてチェック項目を確認すれば、ああこれはできていたな、こっちはダメだったな、とかいう程度の項目で、普通にお店を利用していれば分かるものだからですね。時々、普段は気にしないチェック項目とかがあるので、そういうものは前もって覚えておくとか、念のため携帯電話のメモに取っておいてお店で見るとか、簡単に対応できますよね。

このページのトップへ

copyright(C) 覆面調査(ミステリーショッピングリサーチ)でちょっぴりお小遣い! All rights reserved.